FC2ブログ

Photo Gallery




フランスのあるアンティーク屋さん。ここは銅製品が非常に多いお店でした。

銅製品が好きな私には、いつまで見ていても飽きない場所です。

ただ日本で現実的に使えそうな物となると、なかなか難しいかな~(^_^;)



ここは屋内にアンティーク屋さんが連なっていますが、色々な物が無造作に積まれている所が多く、

掘り出し物を見つけるのも一苦労ヒヨコ



  ここはガーデニング用品が専門のお店のようでした。ヨーロッパのある中庭に迷い込んだような

  雰囲気でした。




    こちらは、期間限定のアンティークフェアーで見かけた銅製のやかん。

    実際、ここで水を沸かしてコーヒーやティーを作って売っていました。

    こういう時は、このような大きなやかんが大活躍コーヒーですね。

 


     フランスらしいレストラン。赤い色のカフェが街によく合いますねワインチーズ

     黒板にメニューを書くのは、どこの店でも定番なのでしょうか。。


スポンサーサイト



イギリスへ移動して、この日は郊外のマーケットへ。

早朝からでまだ外は肌寒く、みんなまだジャケットを着ていました。


とにかく広大に敷地にお店が数百件びっしり。 一体どこから見て行けば良いのか。。






とにかく大きな家具や、銀食器等が多かったです。残念ながらお目当てのものは

見つけられませんでしたが、以前から探していたイギリスらしい雑貨やボトル等を

手に入れて、まあまあ満足(^O^)/


気が付けば早朝からお昼までノンストップで歩き回っていたので、もうぐったり。


翌日の朝、全ての荷物の発送が終わりちょっと休憩チューリップピンク

ここでは木々の臭いに癒され、また再び元気に!


これはロンドンのあるカフェで見たチューリップ。

とても美しいオレンジ色の花と小さなガラスボトルが印象的で、思わず撮ってしまいました。


 これは町で通りがかった服屋さんで見かけたミシンのコレクション。

 壁一面に何種類ものアンティークミシンが展示されていました。

 とても素晴らしいコレクションでびっくり。ちょっとお邪魔して写真を撮らせてもらいました。



 
1743年に印刷されたカトリックの宗教書。
    1ページ目には手書きのサインが残っています(詳細


                                               1788年に出版された小さな小説本です。
                                              かなり古い本ですが、表紙もなんとかきちんと
                 付いています(詳細



    今回、仕入れの旅で最初に訪れたのはオランダ。オランダらしいものを求めて。

    

    オランダは石畳の道が多く、重たい荷物を引っ張るのには一苦労ガーンでした。

    そしてさらに台風のような強風と雨が降り続き、傘をさすのも難しいくらいの天気に。。。。 


なんとかマーケットは立ちましたが、なにせ悪天候でかなり出店業者が少ない気が

しました。残念あせる




屋内で行われるマーケットにも足を運びましたが、外は雷&大雨。

だんだんと足元が冷えてきて、持参していたカイロがこんな所で役に立ちました。


ここでは値段もそれほど安くはなかったので、ほんの少しだけ気に入った物を手に入れて、

早々と気持ちを切り替えて、次の移動国イギリスへ期待することに。



    とても古いステンドグラス。あまりにも素敵で思わずシャッターを押しました。

    こんな風に窓辺に飾れるなんて羨ましい天使

WHAT'S NEW?